レンティキュラーレンズによる2D3Dの原理


レンティキュラーレンズによる立体感
人間の目は、右目と左目で異なる位置の画像を見ており、異なる画像を見ていることを両眼の視差といい、立体感を感じさせるための中心的な効果と言われています。
そこでレンティキュラーレンズには左右の目に異なる画像を映し出す特性があり、画像合成により作られる視差のある複数の線状に処理されたデータを、レンズを通して左右別々の視差のある異なった画像を見ることで立体感を得ることが出来ます。
レンティキュラーレンズを使ったっ立体効果により、絵柄に深みを作り、立体感を感じさせる効果を作り出します。






レンティキュラーレンズによる2D効果
レンティキュラーレンズには見える範囲を限定し画像を
映し出す特性があり、この原理により、絵柄が切替る・
動くなど2Dの効果を作り出すことが出来る。
変化させる画像データをを画像合成により、複数の線状
に処理されたデータをレンズを通して、目線の角度を替
えて見ることで2Dの効果を見ることが出来ます。


Information-1

各種レンティキュラーレンズの販売を行なっております。

Information-2

ヒューマンアイズに関するの操作方法、各種プリント・印刷の手順等につきましては、当社にてサポートを行なっております.

Information-3

各種完成品のサンプルを用意しております。